お問い合わせ℡:045-442-3097

STELLA KID(ステラキッド)【☆洗濯ばさみ遊び☆】

こんにちは。

児童発達支援事業所ステラキッド鶴ヶ峰教室です。

今回は当教室で行われている療育プログラムの【洗濯ばさみ遊び】を紹介します。

 

f:id:stellakid01:20210410170557j:plain

【洗濯ばさみ遊び】

身近な素材で指先を使って遊べます。また、イメージを持って遊ぶことができます。

 

【洗濯ばさみ遊びのねらい】

①つまみ動作の獲得(親指、人差し指、中指を使う動作)

②指先でつまむ力をつける(力を加減する)

③目と手の協応UP(距離を目ではかる)

④両手動作UP(両手で同時に違う動作をする)

洗濯ばさみの特徴である「指でつかむ」「挟む」といった一連の流れは、箸やはさみ、鉛筆の前段階の練習になります。

洗濯ばさみはつまみ動作が出来ないとうまく開きません。また、指先の力加減が必要です。親指・人差し指・中指を使って行うことで、指先の力が育ちます。

とめたい場所に挟むことを繰り返すことで、目で距離をはかった通りの場所に手を動かすことができるようになっていきます。

手指の操作で対象物を片方の手に持ち、別の手で挟むので両手を同時に動かすという練習にもなります。

ステラで使っている教材はお家で目にする洗濯をイメージして作っています。お母さんになった気分で洋服や靴下を干してもらいます。

お子さんたちは、最初は洗濯ばさみをつまむことに集中しているので、上手く止められません。できるようになるにつれて挟むことが楽しくなります。それまでは、大人が対象物を持ってあげるなど、手助けをしてあげます。自分の思う通りに手先を動かせるようになると、色々なことが出来るようになっていきますね。

その他にもお子さんに合わせて楽しく取り組めるように工夫しています。お子さんの自分で「できた」という気持ちに共感し、自信につながるよう声を掛けて行っています。

 

 

********************************************************************************************************

当教室では
・じっとしていられない
・こだわりが強い
・感情の調整が難しい
・人の気持ちを読むことが難しい
・お友達とのトラブルが多い
・言葉の遅れを感じる
・抽象的な表現が苦手
・発達に心配がある
・不器用
・視線が合わない
・幼稚園、保育園、小学校への就学が不安だ
などの保護者の方々・お子さんの困り感をサポートいたします。

 

自治体の助成により無料もしくは低額にて療育が受けられます。
まずは市役所/相談支援事業所/当事業所にご相談ください。
※児童発達支援事業は、放課後等デイサービス(放デイ)と同じく障害児通所支援事業に属する療育施設であり、「児発」などの略称で呼ばれる場合もあります。

 

児童発達支援事業所 STELLA KID 鶴ヶ峰教室のホームページはこちら
https://www.stellakid.com

 

放課後等デイサービス STELLA KID 鶴ヶ峰教室のホームページはこちら
https://stellakid.yokohama/

 

一般社団法人KID-Gのホームページはこちら
http://www.kid-g.com/

 

住所:横浜市旭区白根5−10−1 AOKIYA BLD 1階
TEL:045-442-3097
FAX:045-442-3098

 

関連ワード:児童発達支援・放課後等デイサービス・療育・療育センター・通級教室・特別支援教育総合支援センター・小学校が不安・勉強が苦手・運動神経が悪い・保育園・幼稚園・障害・発達障害自閉症スペクトラムASD注意欠陥多動性障害ADHD学習障害・LD・知的障害・グレーゾーン・視線が合わない・先の見通しがないと不安・視覚優位・聴覚優位・感覚過敏・距離が近い・いきしぶり・気持ちが読めない・表情が読めない・空気が読めない・不器用・体幹が弱い・筆圧が弱い・言葉のキャチボール・マイペース・好きなことだけ話す・語彙が少ない・言葉の遅れ・勝ち負けにこだわる・一番じゃないとだめ・癇癪・感情の調整・クールダウン・アンガーマネジメント・こだわり・友達ができない・チック・おねしょ・偏食・暴力・手が出る・おちつきがない・座っていられない・話を聞けない・忘れ物が多い・儀式的な行動・声の大きさ・個別支援級・特別支援級・自傷

 

 

 

STELLA KID(ステラキッド) 料理をしよう!!

こんにちは。児童発達支援事業所 STELLA KID(ステラキッド)鶴ヶ峰教室です。

 

みなさん、ご家庭でお子さんと一緒に料理をつくったことありますか?
当事業所では1時間の短時間療育のため、お菓子をつくったりご飯をつくったりする機会は残念ながらありません・・・😿💦


しかし、料理は幼少期の知育にピッタリなんです!!
今回はブログを通して料理のいい所やこんな発達に役立つ!などの情報を紹介させていただきたいと思います。

 

f:id:stellakid01:20210329172107j:plain

 

①食育につながる

切った野菜しか見たことがないお子さんの場合、切る前の野菜と食べる時の野菜が一致しないことがあります。
これは、切って形が変わったり味付けをして色が変わることで、全く別物と判断してしまったことが考えられます。そんな時、自分で切ったり味付けをすることで、野菜が変わっていく過程を知ることができます🌟
料理をしながら食べ物に直接触れることで興味関心が芽生えるといいですね。

さらに、つくる過程を一緒に見ることで「この食べ物なんだろう・・・ 」という不安な先入観がなくなります。食べず嫌いのお子さんは、料理の過程を知ることで「食べられそう」と思えるきっかけになるかもしれませんね🥄✨

 

②人の話を聞く力を鍛える
料理は、小さいお子さん一人の力ではできません。大人の話を聞いて行動しなければ失敗や危険もあります。
例えば、クッキーなどの好きなお菓子をご褒美としてつくった時、話が聞けなかったため、失敗して食べられなくなってしまった・・・
このような体験をすると「話を聞かないと料理が失敗して悲しい気持ちになるから話を聞こう。」と話を聞くためのメリットが明確になりますよね。

このように、話を聞くことが難しいお子さんには、話を聞くことでどのような利点が生まれるのかを示してあげるのもいいでしょう🌞

 

③手先の運動
料理は色々な道具を使います。混ぜたり、こねたり、のばしたり、中身がこぼれないように器を手で持ったり・・・手の使い方はさまざまです!
また、料理は形状を変えることが多いため、強い力が必要になることもあります。
大きな力が必要になる料理は、手先の弱いお子さんの運動にぴったりですね✊

 
④いろんな言葉を知ることができる
家庭以外では見る機会の少ない調理道具や調味料、食材などの名称を学ぶことができます。料理をする中で、触れたり見たり使ったりしながら言葉を覚えていくため、頭に入りやすいですね。
また「混ぜる」「入れる」「待つ」などの動詞も一緒に学ぶことができます☆彡

 

⑤模倣する力
料理は言葉で説明することもありますが、【こうやって混ぜてね】などの動きで見本を見せた方が伝わりやすいことも多いと思います!
模倣する力については以前のブログで紹介しておりますが、幼稚園などの集団でとても重要な力です。
このような何気ないやりとりの中でも、行動を真似する練習になっていきます(^^)/🌸

 

⑥考える力を育む
料理は、考える瞬間が多くあります!
混ぜる時は泡だて器、切るときは包丁など、色々な種類の道具を場面に合わせて考えながら選択する必要があります。
限られたキッチンという場所の中に、色々な道具や食材があるため「どこに置いたらいいだろう」「使い終わったものは片付けよう」などと複数のことを考えながら作業する必要もあります。

楽しみながら考えることで自然と先を見通す力や選択する力を養っていけるといいですね🎵

 

このように料理のメリットをお話しましたが、一番大事なことは料理に興味を持って楽しんで取り組めることです。
最初から、「真似して!」「よく考えて!」など多くの指示を出してしまうと「たのしくないや、辞めよう。」と思ってしまいますね。
楽しみながら、少しずつお願いする箇所を増やしていくなどのステップアップをしていきましょう🔪🍎

 

 是非、お子さんと一緒に楽しく料理を行ってみてください(#^.^#)

 

********************************************************************************************************

当教室では
・じっとしていられない
・こだわりが強い
・感情の調整が難しい
・人の気持ちを読むことが難しい
・お友達とのトラブルが多い
・言葉の遅れを感じる
・抽象的な表現が苦手
・発達に心配がある
・不器用
・視線が合わない
・幼稚園、保育園、小学校への就学が不安だ
などの保護者の方々・お子さんの困り感をサポートいたします。

 

自治体の助成により無料もしくは低額にて療育が受けられます。
まずは市役所/相談支援事業所/当事業所にご相談ください。
※児童発達支援事業は、放課後等デイサービス(放デイ)と同じく障害児通所支援事業に属する療育施設であり、「児発」などの略称で呼ばれる場合もあります。

 

児童発達支援事業所 STELLA KID 鶴ヶ峰教室のホームページはこちら
https://www.stellakid.com

 

放課後等デイサービス STELLA KID 鶴ヶ峰教室のホームページはこちら
https://stellakid.yokohama/

 

一般社団法人KID-Gのホームページはこちら
http://www.kid-g.com/

 

住所:横浜市旭区白根5−10−1 AOKIYA BLD 1階
TEL:045-442-3097
FAX:045-442-3098

 

関連ワード:児童発達支援・放課後等デイサービス・療育・療育センター・通級教室・特別支援教育総合支援センター・小学校が不安・勉強が苦手・運動神経が悪い・保育園・幼稚園・障害・発達障害自閉症スペクトラムASD注意欠陥多動性障害ADHD学習障害・LD・知的障害・グレーゾーン・視線が合わない・先の見通しがないと不安・視覚優位・聴覚優位・感覚過敏・距離が近い・いきしぶり・気持ちが読めない・表情が読めない・空気が読めない・不器用・体幹が弱い・筆圧が弱い・言葉のキャチボール・マイペース・好きなことだけ話す・語彙が少ない・言葉の遅れ・勝ち負けにこだわる・一番じゃないとだめ・癇癪・感情の調整・クールダウン・アンガーマネジメント・こだわり・友達ができない・チック・おねしょ・偏食・暴力・手が出る・おちつきがない・座っていられない・話を聞けない・忘れ物が多い・儀式的な行動・声の大きさ・個別支援級・特別支援級・自傷

 

 

 

STELLA KID(ステラキッド)【ボタンのとめはずし】

こんにちは。
児童発達支援事業所ステラキッド鶴ヶ峰教室です。

今回は当教室で行っている療育プログラムの一部の【ボタンのとめはずし】をご紹介します。
お子さん自身が興味を持ったタイミングや、シールを貼ったり剥がしたりが出来ることを目安に取り組んでいます。

f:id:stellakid01:20210403155028j:plain

 

 【ボタンのとめはずしの手順】

・はずす方がやりやすいので、ボタン外しから行います。

・お子さんがボタンを引っ張るだけで、はずせるように大人がボタンを半部穴に
 くぐらせた状態でお子さんに渡します。

・お子さんにボタンを引き抜いてもらいます。

・上手にはずせたねと声をかけて「自分でできた」と言う自信を持ってもらいます。

・引っ張ってはずせるようになったら次は、お子さんが自分でボタンを穴にくぐらせる
 ところから挑戦してもらいます。
 (右手と左手が違う動きをするのでなかなかの難関です。たくさん励ましてあげてく
  ださいね。)

お子さんの様子に合わせて大人が介助し、一人でできるように支援していきます。
ボタンのとめ方も同様です。

ポイントはお子さんに最後の肯定を任せることで、「自分ではずせた」という達成感を得てもらえるようにすることです。

 

【ステラのお子さんの様子】

はじめは、大人の手を借りて「できた」事を喜ぶ姿が見られます。繰り返し行っていくことで、はずし方のコツがわかり集中力が出てきます。指先の動きも少しずつ滑らかになり、一人ではずせたときは思わず「できた」と大きな声が上がります。

お子さんと一緒に「できた」喜びを共有しながら行っています。

 

********************************************************************************************************

当教室では
・じっとしていられない
・こだわりが強い
・感情の調整が難しい
・人の気持ちを読むことが難しい
・お友達とのトラブルが多い
・言葉の遅れを感じる
・抽象的な表現が苦手
・発達に心配がある
・不器用
・視線が合わない
・幼稚園、保育園、小学校への就学が不安だ
などの保護者の方々・お子さんの困り感をサポートいたします。

 

自治体の助成により無料もしくは低額にて療育が受けられます。
まずは市役所/相談支援事業所/当事業所にご相談ください。
※児童発達支援事業は、放課後等デイサービス(放デイ)と同じく障害児通所支援事業に属する療育施設であり、「児発」などの略称で呼ばれる場合もあります。

 

児童発達支援事業所 STELLA KID 鶴ヶ峰教室のホームページはこちら
https://www.stellakid.com

 

放課後等デイサービス STELLA KID 鶴ヶ峰教室のホームページはこちら
https://stellakid.yokohama/

 

一般社団法人KID-Gのホームページはこちら
http://www.kid-g.com/

 

住所:横浜市旭区白根5−10−1 AOKIYA BLD 1階
TEL:045-442-3097
FAX:045-442-3098

 

関連ワード:児童発達支援・放課後等デイサービス・療育・療育センター・通級教室・特別支援教育総合支援センター・小学校が不安・勉強が苦手・運動神経が悪い・保育園・幼稚園・障害・発達障害自閉症スペクトラムASD注意欠陥多動性障害ADHD学習障害・LD・知的障害・グレーゾーン・視線が合わない・先の見通しがないと不安・視覚優位・聴覚優位・感覚過敏・距離が近い・いきしぶり・気持ちが読めない・表情が読めない・空気が読めない・不器用・体幹が弱い・筆圧が弱い・言葉のキャチボール・マイペース・好きなことだけ話す・語彙が少ない・言葉の遅れ・勝ち負けにこだわる・一番じゃないとだめ・癇癪・感情の調整・クールダウン・アンガーマネジメント・こだわり・友達ができない・チック・おねしょ・偏食・暴力・手が出る・おちつきがない・座っていられない・話を聞けない・忘れ物が多い・儀式的な行動・声の大きさ・個別支援級・特別支援級・自傷

 

 

 

STELLA KID(ステラキッド)【今年度の募集は終了しました。】卒業おめでとうございます。

 

こんにちは。

児童発達支援事業所STELLAKID鶴ヶ峰教室です。

 

新年度ご利用の募集をさせていただいたところ、たくさんのお問い合わせがありました。ありがとうございました。
現在、ほぼ満席となりましたので一旦、募集はお休みといたします。
なお、体験・見学のお申込みは受け付けておりますので、ご相談ください。

゚・✿゚・✿゚・✿゚・✿゚・✿゚・✿゚・✿゚・✿゚・✿゚・✿

 

さて、あちらこちらで桜が満開となりました。
卒業のシーズンですね。

ステラキッドでは今年9名の卒業生を送りました。

卒業製作のフォトフレームに、卒業生1人ひとりの写真を収めながらその成長を改めて実感しました。

f:id:stellakid01:20210329150812j:plain

 

今年は、年明けから小学校入学準備の「年長児プログラム」を開始しました。
当初は思いのほか板書に時間がかかり、他の課題が進められないのではないかと心配したほどでした。でも3月になると全員、最初の半分以下の時間で書き上げることができるようになりました。宿題も、職員が何も言わなくても出せるようになりました。
さらに、みんなで楽しく遊ぶための工夫をする姿も見られるようになりました。

みんなそれぞれ素敵なお兄さん、お姉さんに育ってくれたと思います。

卒業生の見送りは寂しさもありますが、ステラでたくさん遊んで学んだことがみんなの力になっていると信じています。


保護者の方におかれては、迷いや不安などいろいろな思いがある中、大切なお子さんをステラに預けてくださり、ありがとうございました。
この場をお借りして、心から感謝申し上げます。

これからも、時々お話を聞かせていただけたらいいなと思います。


改めて

ステラキッド2021年卒業生のみなさん、

卒業おめでとうございます!
(*´∀`*)♪( ´▽`)✌('ω'✌ )(^O^)(≧∀≦)

f:id:stellakid01:20210401171238j:plain

みんなで作った桜も満開になりました!

********************************************************************************************************

当教室では
・じっとしていられない
・こだわりが強い
・感情の調整が難しい
・人の気持ちを読むことが難しい
・お友達とのトラブルが多い
・言葉の遅れを感じる
・抽象的な表現が苦手
・発達に心配がある
・不器用
・視線が合わない
・幼稚園、保育園、小学校への就学が不安だ
などの保護者の方々・お子さんの困り感をサポートいたします。

 

自治体の助成により無料もしくは低額にて療育が受けられます。
まずは市役所/相談支援事業所/当事業所にご相談ください。
※児童発達支援事業は、放課後等デイサービス(放デイ)と同じく障害児通所支援事業に属する療育施設であり、「児発」などの略称で呼ばれる場合もあります。

 

児童発達支援事業所 STELLA KID 鶴ヶ峰教室のホームページはこちら
https://www.stellakid.com

 

放課後等デイサービス STELLA KID 鶴ヶ峰教室のホームページはこちら
https://stellakid.yokohama/

 

一般社団法人KID-Gのホームページはこちら
http://www.kid-g.com/

 

住所:横浜市旭区白根5−10−1 AOKIYA BLD 1階
TEL:045-442-3097
FAX:045-442-3098

 

関連ワード:児童発達支援・放課後等デイサービス・療育・療育センター・通級教室・特別支援教育総合支援センター・小学校が不安・勉強が苦手・運動神経が悪い・保育園・幼稚園・障害・発達障害自閉症スペクトラムASD注意欠陥多動性障害ADHD学習障害・LD・知的障害・グレーゾーン・視線が合わない・先の見通しがないと不安・視覚優位・聴覚優位・感覚過敏・距離が近い・いきしぶり・気持ちが読めない・表情が読めない・空気が読めない・不器用・体幹が弱い・筆圧が弱い・言葉のキャチボール・マイペース・好きなことだけ話す・語彙が少ない・言葉の遅れ・勝ち負けにこだわる・一番じゃないとだめ・癇癪・感情の調整・クールダウン・アンガーマネジメント・こだわり・友達ができない・チック・おねしょ・偏食・暴力・手が出る・おちつきがない・座っていられない・話を聞けない・忘れ物が多い・儀式的な行動・声の大きさ・個別支援級・特別支援級・自傷



STELLA KID(ステラキッド)移し替え遊び

こんにちは。

児童発達支援事業所ステラキッド鶴ヶ峰教室です。

今回は当教室で行っている療育プログラムの一部をご紹介します。

 

【スプーンの移し替え遊び】

スプーンの移し替え遊びは、箸を使う前段階として行っています。親指と人差し指と中指の3本の指で持ち、操作をする点においてはお箸と似ているからです。スプーンを3本の指でしっかり持つことに慣れてから箸に移行することで、箸の操作がスムーズにできるようになります。
移し替える素材や器の大きさ・形によって、すくいやすさが違います。また、すくうときの感触や器に入れた時の音にも違いがあります。お子さんに合わせて取り入れています。

 

ステラキッドではいろいろな素材や容器を使っています。
・フエルト素材の球(大・小)
・星形ビーズ
・大豆
・ペレット
・コップやプリンカップなど

f:id:stellakid01:20210329173139j:plain

 

 

保育士とお子さんでお店屋さんとお客さんになって「3杯ください」などとやり取りをしながら楽しく取り組めるよう工夫もしています。

 

 

********************************************************************************************************

当教室では
・じっとしていられない
・こだわりが強い
・感情の調整が難しい
・人の気持ちを読むことが難しい
・お友達とのトラブルが多い
・言葉の遅れを感じる
・抽象的な表現が苦手
・発達に心配がある
・不器用
・視線が合わない
・幼稚園、保育園、小学校への就学が不安だ
などの保護者の方々・お子さんの困り感をサポートいたします。

 

自治体の助成により無料もしくは低額にて療育が受けられます。
まずは市役所/相談支援事業所/当事業所にご相談ください。
※児童発達支援事業は、放課後等デイサービス(放デイ)と同じく障害児通所支援事業に属する療育施設であり、「児発」などの略称で呼ばれる場合もあります。

 

児童発達支援事業所 STELLA KID 鶴ヶ峰教室のホームページはこちら
https://www.stellakid.com

 

放課後等デイサービス STELLA KID 鶴ヶ峰教室のホームページはこちら
https://stellakid.yokohama/

 

一般社団法人KID-Gのホームページはこちら
http://www.kid-g.com/

 

住所:横浜市旭区白根5−10−1 AOKIYA BLD 1階
TEL:045-442-3097
FAX:045-442-3098

 

関連ワード:児童発達支援・放課後等デイサービス・療育・療育センター・通級教室・特別支援教育総合支援センター・小学校が不安・勉強が苦手・運動神経が悪い・保育園・幼稚園・障害・発達障害自閉症スペクトラムASD注意欠陥多動性障害ADHD学習障害・LD・知的障害・グレーゾーン・視線が合わない・先の見通しがないと不安・視覚優位・聴覚優位・感覚過敏・距離が近い・いきしぶり・気持ちが読めない・表情が読めない・空気が読めない・不器用・体幹が弱い・筆圧が弱い・言葉のキャチボール・マイペース・好きなことだけ話す・語彙が少ない・言葉の遅れ・勝ち負けにこだわる・一番じゃないとだめ・癇癪・感情の調整・クールダウン・アンガーマネジメント・こだわり・友達ができない・チック・おねしょ・偏食・暴力・手が出る・おちつきがない・座っていられない・話を聞けない・忘れ物が多い・儀式的な行動・声の大きさ・個別支援級・特別支援級・自傷

STELLA KID(ステラキッド)【利用枠残りわずかとなりました】やる気を高めるには・・・

こんにちは。
児童発達支援事業所STELLA KID鶴ヶ峰教室です。

 

季節の変わり目は身体も心も不調を感じやすい時期ですね。
なんだか朝からやる気がでない・・・なんていうことはありませんか?

 

何をするにも「やる気」が大事

やりたくないことはできるだけ後回しにしたいし、可能ならやらずに済ませたい!・・・誰でもそう思いますよね。
でも、そんな「いやな気持ち」で行うのと、「やる気」に満ちて行うのでは成果も大きく違ってきます。
大人なら、「その後」を想像することができるので、自分で自分を励ましながらなんとか頑張ることができますが、お子さんは先の見通しをつけるのが苦手なので、そう簡単にはいきません。
お子さんにやる気を持って物事に取り組んでもらうにはどうしたらよいでしょう。

f:id:stellakid01:20210315172118j:plain


 

ゴールや目標を明確にする
目標やゴールがはっきりしていないとやる気は湧かないものです。
まずは何をどのくらいやれば完成なのか、お子さんの発達に合わせた方法で分かりやすく「完成」や「終わり」を示してあげましょう。
ステラではお散歩にでかける時は写真を見せて「ここまで頑張って歩こうね。」製作をする前には完成したものを見せて「これを作ろうね!」と気持ちを盛り上げてから始めるようにしています。
残り時間が目で見てわかる時計(タイムタイマー)も利用します。

 

スモールステップ

不可能と感じることに対して「やる気」はおきにくいものです。
「少し頑張れば自分にもできるかもしれない」と感じるような「スモールステップ」の指導が大切になります。一つの行動を細かく分けてゴールを近いところに設定し、一つずつクリアしていけるようにします。
例えば「箸を使って食べる」という行動を目標にしたら、小さめのトングで柔らかいものをはさむという段階から始める・・・それが出来たら次へ・・・というような感じです。    

f:id:stellakid01:20210315172138j:plain



小さな成功体験の積み重ね

何度も失敗体験をしていると、失敗のイメージが強くなってしまい、初めから諦めてしまうようになることがあります。そこで大事なのは「ほめる」ということです。何かに挑戦した時は「失敗して終わり」ではなく、「今日はここまでできてえらかったね。」「がんばったね」とほめて終わらせることが大切なポイントとなります。
小さな成功体験を積み重ねることで自信がつき、「つぎもまた頑張ろう」という気持ちがおきるようになるのです。


★*゚*☆*゚*★*゚*☆*゚*★*゚*☆*゚*★*゚*☆*゚*

「やる気」の源泉は幼少期に形成されるといわれています。大切なこの時期にやる気の芽をたくさん育て、高めていってあげたいものですね。

 

********************************************************************************************************

当教室では
・じっとしていられない
・こだわりが強い
・感情の調整が難しい
・人の気持ちを読むことが難しい
・お友達とのトラブルが多い
・言葉の遅れを感じる
・抽象的な表現が苦手
・発達に心配がある
・不器用
・視線が合わない
・幼稚園、保育園、小学校への就学が不安だ
などの保護者の方々・お子さんの困り感をサポートいたします。

 

自治体の助成により無料もしくは低額にて療育が受けられます。
まずは市役所/相談支援事業所/当事業所にご相談ください。
※児童発達支援事業は、放課後等デイサービス(放デイ)と同じく障害児通所支援事業に属する療育施設であり、「児発」などの略称で呼ばれる場合もあります。

 

児童発達支援事業所 STELLA KID 鶴ヶ峰教室のホームページはこちら
https://www.stellakid.com

 

放課後等デイサービス STELLA KID 鶴ヶ峰教室のホームページはこちら
https://stellakid.yokohama/

 

一般社団法人KID-Gのホームページはこちら
http://www.kid-g.com/

 

住所:横浜市旭区白根5−10−1 AOKIYA BLD 1階
TEL:045-442-3097
FAX:045-442-3098

 

関連ワード:児童発達支援・放課後等デイサービス・療育・療育センター・通級教室・特別支援教育総合支援センター・小学校が不安・勉強が苦手・運動神経が悪い・保育園・幼稚園・障害・発達障害自閉症スペクトラムASD注意欠陥多動性障害ADHD学習障害・LD・知的障害・グレーゾーン・視線が合わない・先の見通しがないと不安・視覚優位・聴覚優位・感覚過敏・距離が近い・いきしぶり・気持ちが読めない・表情が読めない・空気が読めない・不器用・体幹が弱い・筆圧が弱い・言葉のキャチボール・マイペース・好きなことだけ話す・語彙が少ない・言葉の遅れ・勝ち負けにこだわる・一番じゃないとだめ・癇癪・感情の調整・クールダウン・アンガーマネジメント・こだわり・友達ができない・チック・おねしょ・偏食・暴力・手が出る・おちつきがない・座っていられない・話を聞けない・忘れ物が多い・儀式的な行動・声の大きさ・個別支援級・特別支援級・自傷

STELLA KID(ステラキッド)【お問い合わせはお早めに!】 不安感が強いお子さんに対して・・・


こんにちは。児童発達支援事業所STELLA KID(ステラキッド)鶴ヶ峰教室です。

 

たくさんの見学・体験の申し込みありがとうございます!
現在、平日の午前中に若干の空きがございます。
もし興味のある方いらっしゃいましたら、気軽に問い合わせお待ちしています☎

 

f:id:stellakid01:20210317134752j:plain


 

発達に遅れがあるお子さんの中には、幼稚園・保育園での集団生活や集団活動に思うようについていけない場合があります。
そのようなお子さんは難しかった体験の積み重ねから、自信が持てずに不安感が強くなってしまうこともあります。

 

今回はブログを通してにはなりますが、不安感が強いお子さんや自己肯定感が低いお子さんへの支援方法や関わり方を少し紹介していきたいと思います。

 

当教室では、勉強をして苦手な所を克服しよう!というよりも
お子さんのいい所を伸ばそう!
興味のあることを活用して、遊びの中で学んでいこう!
できることを積み重ねて、自信をつけよう!
   などと長所を生かした療育をしようと考えています。

 


まずは色々な経験を通して、お子さんの得意なこと・出来ることを伸ばしていきます。
「僕ってこんなこともできちゃうんだ」
「頑張ったら、いっぱい褒めてもらえるんだ」
「できたときの達成感って良い気持ち」
「私、苦手だと思っていたけど案外できるのかも」
   などと自信を持ってもらえるといいですね。

 

このような成功経験を積み重ねて、自分に自信がついたとき、
新しいことに挑戦する一歩を踏み出す勇気が生まれます。
その勇気を糧にして
「初めてやるけどこれくらいならできるかも」
「ステラで同じような事やったから挑戦しよう」
「褒めてもらいたいから、やってみよう」
「できなくても、やってみよう」
         と好奇心を高めたり、新しいことに意欲的に挑戦する力を育てていきます。

 

このようにスモールステップで、自信がつけるように促していきます。
小さな小さな階段を、登っていくことが大事ですよ👀❣

 


ただし今回紹介した方法は、支援の一例です。お子さんの特性や性格によって支援の仕方は異なります💡

 

 

悩んでいる方がもしいらっしゃいましたら、当職員と一緒に、保護者の方やお子さんと一緒に、より良い関わり方や支援の仕方を探り合っていきましょう。
そして、一緒に少しずつお子さんの成長を保護者の方と一緒に感じていけたら嬉しいです🎵

 

f:id:stellakid01:20210316144431j:plain

 

卒園されたお子さんたち、おめでとうございます✨
新しく進む道に、素晴らしい景色がありますように…!

 

ステラキッド鶴ヶ峰教室の桜の木にも、徐々にお花が咲いてきました。
通っているお子さんたちが3月の製作として桜の花を制作してくれている最中です✂
お花が満開になった際に、また掲載しようと思います!
どんな桜の木になるのか職員も楽しみです🌸🌳

 

 

********************************************************************************************************

当教室では
・じっとしていられない
・こだわりが強い
・感情の調整が難しい
・人の気持ちを読むことが難しい
・お友達とのトラブルが多い
・言葉の遅れを感じる
・抽象的な表現が苦手
・発達に心配がある
・不器用
・視線が合わない
・幼稚園、保育園、小学校への就学が不安だ
などの保護者の方々・お子さんの困り感をサポートいたします。

 

自治体の助成により無料もしくは低額にて療育が受けられます。
まずは市役所/相談支援事業所/当事業所にご相談ください。
※児童発達支援事業は、放課後等デイサービス(放デイ)と同じく障害児通所支援事業に属する療育施設であり、「児発」などの略称で呼ばれる場合もあります。

 

児童発達支援事業所 STELLA KID 鶴ヶ峰教室のホームページはこちら
https://www.stellakid.com

 

放課後等デイサービス STELLA KID 鶴ヶ峰教室のホームページはこちら
https://stellakid.yokohama/

 

一般社団法人KID-Gのホームページはこちら
http://www.kid-g.com/

 

住所:横浜市旭区白根5−10−1 AOKIYA BLD 1階
TEL:045-442-3097
FAX:045-442-3098

 

関連ワード:児童発達支援・放課後等デイサービス・療育・療育センター・通級教室・特別支援教育総合支援センター・小学校が不安・勉強が苦手・運動神経が悪い・保育園・幼稚園・障害・発達障害自閉症スペクトラムASD注意欠陥多動性障害ADHD学習障害・LD・知的障害・グレーゾーン・視線が合わない・先の見通しがないと不安・視覚優位・聴覚優位・感覚過敏・距離が近い・いきしぶり・気持ちが読めない・表情が読めない・空気が読めない・不器用・体幹が弱い・筆圧が弱い・言葉のキャチボール・マイペース・好きなことだけ話す・語彙が少ない・言葉の遅れ・勝ち負けにこだわる・一番じゃないとだめ・癇癪・感情の調整・クールダウン・アンガーマネジメント・こだわり・友達ができない・チック・おねしょ・偏食・暴力・手が出る・おちつきがない・座っていられない・話を聞けない・忘れ物が多い・儀式的な行動・声の大きさ・個別支援級・特別支援級・自傷